繊細な女性の体の心

PMS頭痛との上手な付き合い方

PMS頭痛との上手な付き合い方

 

頭が痛い。偏頭痛かなぁと思っていたら、生理がきたって人も多いと思います。
この頭痛、そうです、実はPMS(月経前症候群)の症状の一つだったんです。
特に頭痛持ちの人ならば、いつものことと思ってしまい、そういう人に限って
PMSなんて自分には全く関係ないと思っている人も多いはずです。

 

PMSは腰が重いとか、気分がすぐれないという症状ももちろんありますが、頭
痛という症状が現れる人も少なくありません。
では、この頭痛はどうして起こるのでしょうか?
これはホルモンに非常に関係があります。
生理のメカニズムとして、エストロゲンとプロゲステロンの量が関係すること
はご存知かと思います。
生理が始まる前というのは、エストロゲンが減少し始めるのですが、このエス
トロゲンが減少する際に血管が拡張します。
PMSの頭痛は、血管が拡張したために、血流の流れが多くなって引き起こされ
ると言われています。

 

それではどう対処すればいいのでしょうか?
PMSの頭痛は毎月ある人もいれば、時々ある人とそれぞれに違います。
ですから、残念ながら頭痛がある前に対処することができないのが現状です。
ただ、これには対処することはできます。
それは、可能な限り休息や睡眠時間をとることです。

 

それか全く逆で、思い切り熱中してしまうことです。
ただし、熱中しよう、集中しようと思ってやっていても、痛みは忘れることは
できません。
逆に頭痛に意識がいってしまって、あまりよろしくありません。

 

私の経験上、あまりオススメはできないのですが、何かアクシデントがあって
それを解決しようと一生懸命になっていて、ホッとした時に、「あれ?頭痛止ま
ってる」と気付くことがよくあります。
だからといって、自分からアクシデントを引き起こすようなことは止めてくだ
さいね。
ただ、熱中していると忘れてしまっているということです。
この頭痛は、単なる生理前の前兆なので、ほっておいても大丈夫なものだから、
できることかもしれませんね。

 

また、いくら熱中できるからといって、スポーツをすることはあまりオススメ
できません。
なぜなら、身体を動かすことによって、ますます血流がよくなってしまって、
もっと頭痛がひどくなる場合があるからです。

 

あまり薬に頼りたくないと思われる人もいらっしゃるかもしれませんが、どう
してもの場合は鎮痛剤を服用するのもいいのかもしれませんね。